Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
BlogPeople
旅音 〜旅と音の人生〜
カンボジア | 旅音
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
世界遺産 -アンコールワット遺跡群(カンボジア)-
密林に威容を誇るアンコールワット
アンコール朝がアユタヤの侵攻に敗れ、都を放棄したのは15世紀半ばで、その後は栄華を誇った都城は荒廃し、残された巨大な石造寺院も密林に深く覆われてしまい、地元の人々がひっそりと祈りを捧げるのみでした。
1860年、フランス人の博物学者アンリ・ムオの発見によってアンコールワットおよび周辺の寺院は、その存在を世界中に知られることになりました。ムオは密林にたたずむ壮大な威容を誇るアンコールワットを、
「深い暗黒から光明の中に移されたようだ」
と、書き記しています。

-----------------------------------------------------------------
数々の世界遺産とよばれるものや有名なものをみてきた。
だが
このアンコールワットでみた朝日は
今まで見た中でもっとも心に残るシーンのひとつである。


| カンボジア | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |