Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
BlogPeople
旅音 〜旅と音の人生〜
オーストリア | 旅音
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
オーストリア -バックパッカーのみるヨーロッパの夜景-
バックパッカーにとって
ヨーロッパはとにかく物価が高い
ドミトリーも高ければ
食事も高いので夜な夜な宿のメンバーで自炊する。
移動も高いので
わざわざ夜に列車やバスで移動をすることで
移動代と宿代を節約したりもする。

そんなヨーロッパの夜景は
見ているだけで
お金を取られそうに思ってしまうほど
高貴に感じる。


| オーストリア | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーストリア -ウィーンの週末-
ウィーンに行くなら週末がいい
土曜にはナッシュマルクトでのみの市が行われる
日曜には王宮でのミサでウィーン少年合唱団の美声を聞くことができる(前回の投稿参照)

いずれも
観光客のためのものではなく
ウィーンの日常だ。
その土地の日常を垣間見ることこそ
旅の醍醐味だと思う。






| オーストリア | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーストリア -キムチハウス-
日本人宿ではないが
ウィーンにも数少ない日本人が集まれる宿がある
キムチハウス
その名の通り韓国人宿であるが
宿のおじさんが日本語が達者なこともあり
数多くの日本人の支持をうけている。
ところどころ怪しい日本語が見受けられるが
そのおじさんの暖かさにとても癒される

ただ
ご飯のジャーのところに
「ご飯を残さないでください。
残すと醜いことになります」
この張り紙の日本語だけはどうにかした方がいいと思う。


| オーストリア | 02:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーストリア -子供(ウィーン少年合唱団)-
ちょうど毎週日曜のミサでウィーン少年合唱団が歌うということで
同じ宿に宿泊していた日本人についていき拝聴した
無料ということもあり、観光客はもとよりウィーンの市民もかなりその美声を聞きに来ていた。
ミサが終わると両親とともにでてくるウィーン少年合唱団の少年達
多くの人にカメラを向けられ
嫌な顔ひとつせずにファインダーに笑顔を振りまく。
そのファインダーをのぞいていたときふと思った。
世界各国で会ってきた子供達と何が違うのだろう
あのケニアのマサイ村であった少女とは何が違うのだろう
あのカトマンズの道端で息を引き取った少女とは何が違うのだろう
あのエルサレムの旧市街でサッカーをしていたユダヤ人の少年と何が違うのだろう
あのカメラを向けるとお金をせびるデリーの子供と何が違うのだろうか

生まれた場所、境遇、宗教などによってここまで
大人の子供に対する扱いが違うのだろうかと
実感させられた瞬間でもあった。


毎週日曜のミサでウィーン少年合唱団がその美声を響かせる
当然無料


ミサが終われば普通の少年
| オーストリア | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) |